万人受けスイーツ

パンケーキはもはやスイーツ界の頂点に立っているともいうべき素敵なご馳走になっています。甘いものが大好きな若い女性も、甘いものが実は苦手だという男性も、数々のアレンジが可能な食べ物であるからこそみんなで楽しく味わえるのがパンケーキです。
甘いスイーツとして楽しむのであれば、メープルシロップをかけたりジャムやソースを使ったり、生クリームや冷たいアイスクリーム、その他にもスイーツなどを加える事でいろいろな味わいに変化させることができます。定番のシロップをかけたものは子供からお年寄りまで、性別に関わりなく幅広い人気を得ている事でしょう。おしゃれが好きな女性には、色とりどりの鮮やかなフルーツを乗せたプレートが好まれるかもしれません。ご褒美として母親や父親にパンケーキを食べさせてもらっている子供なら、チョコレートやアイスクリームの付いた極めて甘いパンケーキが好まれるのでしょう。

しかし中にはこういった甘い食べ物が好きではないという人もいます。もちろん女性の中にも甘党ではないと答える人はいますし、男性で甘い物好きでもその加減は控えめの方が嬉しいという人もいます。あるいは完全に甘いものが嫌いだという人であれば、大人気のスイーツがむしろ罰ゲームのアイテムのように感じてしまうかもしれません。ですが変幻自在なパンケーキであれば、甘い物好きではない人にとってもすぐさまなじみ深いメニューとなり得ます。フードとしてパンケーキを提供するお店は今の時代なら珍しくもありませんが、ケーキと名のつく贅沢なフードメニューは誰の口にも合うはずです。

パンケーキを焼いてみるとほのかな甘い香りが漂ってきますが、実際にプレーンの生地を口にした時にはさほど甘さがない事に気づきます。自分で作る場合や、もとよりフードとして提供するために用意されたパンケーキの生地であるならなおの事、生地自体の甘さはほとんどないと考えても良いくらいです。

そのため見た目はスイーツでおなじみのパンケーキの格好をしているのに、オムレツやサラダが隣に添えられていても全く違和感がありません。可愛らしい見た目に違わず優しい味わいを感じられれば、革新的なメニューとして広く受け入れられることでしょう。テレビや雑誌の特集などで初めてフード系のパンケーキを目にしたとき、おそらく少なからず疑いを持った人はいたはずです。しかしテレビや雑誌で特集を組まれるからには美味しいのだろうと、そういった思いで半信半疑に店へ足を運ぶと、ひとたまりもなく入店のリピートが確定するのです。スイーツの魅力はメディアを通して今後も広まっていくことでしょう。